ヨーク×OniGOが 注文から最短10分配送を開始 食品宅配サービスにおける革新性とは

2022/03/31 05:55
大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

3月18日、セブン&アイ・ホールディングス(東京都:以下、セブン&アイ)傘下のヨーク(東京都/大竹正人社長)は、注文から最短10分ほどで商品を届けるクイック宅配サービスの実証実験を開始した。スタートアップ企業のOniGO(東京都/梅下直也社長)との協業で実施するもので、新しい買物体験の創出に挑戦している。

ヨークが実証実験を行うのは、東京都大田区にある食品スーパー「コンフォートマーケット西馬込店」
ヨークが実証実験を行う「コンフォートマーケット西馬込店」(東京都大田区)

ヨーク側から協業を提案
約2000品目を提供 

 ヨークが実証実験を行うのは、東京都大田区にある食品スーパー「コンフォートマーケット西馬込店」(以下、西馬込店)。セブン&アイグループのなかでも、首都圏における需要開拓に挑戦する実験店と位置付けられている店舗だ。
 これまでヨークは食品宅配サービスを展開しておらず、高まるニーズに対して「利便性の高い新しい買物体験を提供したい」と模索していた。そうしたなか、ヨーク側がOniGOに話を持ちかけ、その方針が合致したことから今回の協業に至った。
 今回実験するサービスは、同店の約6000品目の品揃えの中から約2000品目を、専用アプリを通じて提供し、受注した商品を店舗から約1.5㎞圏内に電気自転車で配送するというものだ。利用客からは配送料として税込300円を徴収する。

OniGO のスタッフが
ヨーク店舗に常駐

ヨーク執行役員首都圏戦略室長 の伊藤 弘雅氏
左:ヨーク執行役員首都圏戦略室長 の伊藤 弘雅氏、右:OniGOの梅下直也社長

 ヨークと協業するOniGOは、専用店舗から商品を即時に届ける「ダークストア」型の食品宅配サービスを展開し注目を集めるスタートアップ企業だ。現在、東京都目黒区の鷹番、自由が丘、世田谷区の「駒澤大学」駅近くの計3カ所にダークストアを設けてサービスを提供している。

 最近では実店舗を持つ食品小売業との連携にも乗り出しており、2月25日にはローソン(東京都)の「ローソンストア100」の商品を配送するサービスの実証実験を開始。24年度内には100店舗への拡大を掲げている。

 「ローソンストア100」では、近くのOniGO拠点にいる同社スタッフが、受注後に同店で商品をピッキング、配送するのに対して、今回のヨークのとの取り組みはOniGO のスタッフがヨーク店舗に常駐して行う点で新しい試みとなる。

 OniGOの梅下直也社長は「自前での事業展開のほかに、食品小売チェーンとの協業も広げていきたい」と述べている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media