10分で届く宅配スーパー「OniGO」利用体験記! オーダーミス発生も”許せた”理由 

2022/03/07 05:55
雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

注文から受け取りまで実際にかかった時間は……

  購入ボタンを押すとチャット画面に移行し、「現在ライダーが出払っているため、配達までお時間を頂いている」旨のメッセージが届いた。夕食の時間帯であり、注文が集中しているのだろう。この時点で「10分宅配」は難しそうだが、これくらいは想定内だ。

 それから10分ほどすると、配達スタッフの個人名で「本日配達を担当させていただくRider(ライダー)の○○です。これよりお伺いします」とメッセージが届き、ダークストアを出発したことが通知された。

 大手フードデリバリーのように配達スタッフの現在地をリアルタイムで確認することはできない。が、不安を覚える暇もなく、わずか7分後には「到着しました」と通知が届くと同時にインターフォンが鳴り、商品を受け取ることができた。

配達状況はチャット上のやり取りで確認できる
配達状況はチャット上のやり取りで確認できる

 注文完了は1829分、商品到着は1847分。わずか18分で商品が届いたことになる。大げさな話だが、「10分台」で注文した商品が届くという体験はこれまでの人生でしたことがない。少し感動してしまった。

  配達してくれたスタッフの方に少しだけ話を聞くと、「(自身は)自由が丘のダークストアから来ている」「平日の17時~19時の時間帯は注文が多く、待機時間はほとんどないほど」「忙しい日は1回のシフトで数十件回ることもある」といったことを教えてくれた。ちなみにOniGOの配達スタッフは時給制であり、求人情報を見ると1500円~と待遇は悪くなさそうだ。

 まさかのトラブル発生も”アナログ”なやり取りと迅速な対応に安心

商品は袋に入った状態で届く。ちなみに袋は環境に優しい米原料プラスチックのもの
商品は袋に入った状態で届く。ちなみに袋は環境に優しい米原料プラスチックのもの

 配達スタッフの方に足止めさせてしまったことを詫び、部屋に戻って商品を確認してみると……ここで注文漏れが発覚。ミニトマトの代わりに、チョコレートが入っている! いくらなんでもベビーリーフにチョコレートは載せられない(確認したところ、このチョコレートは初回利用の特典だった)。

  こうした場合はどうすればよいのかアプリで確認すると、先ほどのチャット画面で教えてほしいとのこと。ミニトマトが入っていなかったので再配達してほしい旨をメッセージすると、2分後に「大変申し訳ございません。ただいま再配達いたします」と返信が来た。

注文漏れ発覚後のやり取り。アナログだがレスポンスが速く安心感がある
注文漏れ発覚後のやり取り。アナログだがレスポンスが速く安心感がある(思わぬトラブルに動揺したため誤字あり)

 意外とアナログなやり取りだが、こういったトラブル時はすぐにレスポンスが欲しいものだ。しかも「確認します」ではなく「再配達します」と2分後に返してくれるのは安心感がある。そして10分後には先ほどと同じスタッフの方が謝りながらミニトマトを届けてくれた。

  こうした配達サービスでの注文漏れ・配送漏れは、ユーザーにとってネガティブな体験になることは間違いない。初回であればなおさらだ。しかしOniGOの場合、対応の迅速さが光った。「人間が動いているのだからミスはつきもの。しかも10分程度で持ってきてくれるのだからまあしょうがないよね」と納得しながら、さっとサラダをつくって食べた。

 Qコマースの真髄を見た!

  OniGOは今後、都内を中心にダークストアを100カ所設置し、サービスエリアを拡大していく方針である。2月末には「ローソンストア100」との協業による配送サービスを発表するなど、外部の小売店・小売企業との提携も行っていくようだ。

  もちろん、事業を拡大していけば利用数は増え、そのぶんスタッフの確保や配送効率のさらなる向上(とくにデジタルの領域)に向けた投資や取り組みが必要になっていく。それをスムーズに進めていけるかがカギになるだろう。

 正直に言って、利用前は「10分で欲しいモノなんか別にない…」と思っていた。しかし、ネット通販やネットスーパーでは最短でも数時間はかかるところを、10分台で商品が届くという体験は純粋に鮮烈なものだった。

 子育て中の家庭、介護に忙しい家庭であれば、この体験はなおさら価値の高いものだ。「10分で欲しいか」は別として、「買物に行く時間」「商品を待つ時間」を圧倒的に短縮でき、その分を家事や育児や介護、仕事に割けるというのがQコマースの真髄なのだ。わかっているようでわかっていなかったこの事実を、OniGOを使って体感することができた。

1 2

記事執筆者

雪元 史章 / ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長

上智大学外国語学部(スペイン語専攻)卒業後、運輸・交通系の出版社を経て2016年ダイヤモンド・フリードマン社(現 ダイヤモンド・リテイルメディア)入社。企業特集(直近では大創産業、クスリのアオキ、トライアルカンパニー、万代など)、エリア調査・ストアコンパリゾン、ドラッグストアの食品戦略、海外小売市場などを主に担当。趣味は無計画な旅行、サウナ、キャンプ。好きな食べ物はケバブとスペイン料理。全都道府県を2回以上訪問(宿泊)。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態