無印良品、相次ぐ事業拡大も多角化ではない理由

2019/05/14 05:00
宮川耕平(日本食糧新聞社)

良品計画(東京都/松崎暁社長)が19年4月に開設した旗艦店「無印良品 銀座」(東京都中央区)は、同社最大の売場面積というだけでなく、直営のレストランやベーカリーショップ、さらにはホテル(運営はUDS社)も併設しています。通常店のカテゴリーに加え、中食や外食、さらには宿泊までサービス領域を広げました。
オープン記者会見では「多角化を進める先に、どんな将来像を描くのか」という質問が出ました。新たな市場領域への進出を、普通は経営の多角化と呼びます。しかし松﨑曉社長は「多角化ではない」と答えました。なぜでしょうか。

新たな領域に次々進出

 銀座で始めた弁当などの総菜、ベーカリー、ホテルといった事業領域は、いずれも国内初の取り組みです。本格的なレストランも、カフェ業態と区別するなら銀座からです。この1年ほどを振り返っても、冷凍食品や冷蔵スイーツの開発、パートナー企業と組んだ食品スーパー、道の駅のプロデュースなど、意欲的に新規事業に挑んでいます。

図1 良品計画の事業拡大を整理したイメージ図だが、実はこのように「多角化」として整理するのは間違いだと同社は言う 出典:筆者作成
図1 良品計画の事業拡大を整理したイメージ図だが、実はこのように「多角化」として整理するのは間違いだと同社は言う
出典:筆者作成

 冒頭で紹介した記者ならずとも多角化と呼びたくなるわけで、同社の事業拡大を整理すれば図1のようなイメージになりそうなところです。

 ところが松﨑社長は違うと言いました。これまでの「衣生食」も、住宅も生鮮も総菜もベーカリーも、ホテルもオフィスも、「生活の基本領域」として同じ範ちゅうにあると言うのです。

 「生活の基本領域で本当に役に立つモノを追求しており、生活者はそのモノを使って自分の生活を作り上げていく・・・。これが創業以来の考え方で、多角化を目指しているわけではありません。基本領域で欠落している部分があれば埋めていきます」(松﨑社長)

 無印良品で扱う食の分野は、長らく常温の加工食品だけでした。ここにきて生鮮や総菜に取り組むのは、それが食の基本だからという理由です。同社は食べ物・着る物・日用雑貨、それらをしまう家具、家具の容れ物としての住宅と、暮らしに必要なモノに沿って事業領域を広げてきました。家の外に出た先の、たとえば働く場所というのも、いかにも日常の場です。

 旅はどうでしょうか? 旅行は脱日常ですから特別の場面ではありますが、誰にでも起こり得るシーンなので「日常の延長」と位置づけます。するとホテルも、日常の延長の一部となってきます。

次のページは
なぜ多角化ではないのか、こう理解すればわかる!

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media