週刊コンビニエンスストアニュース ファミマ、資源循環を追跡するアプリを開発

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

ファミリーマートは4社共同で、ペットボトルの投入日時から、回収・輸送状況を経て工場でペットボトルを粒状のペレットに加工するまで、リサイクル状況をスマートフォンで追跡できるアプリを開発した。同アプリでは、資源循環の進捗度合いを楽しめるだけでなく、ペットボトルの投入数に応じて成長するキャラクターも登場。“たまごっち感覚”のアプリはおもしろく、資源循環をより身近に感じさせてくれるだけに、コンテンツの進化についても期待したい(9月13日~19日のニュースをまとめました)。

ファミリーマートの外観3

セブン-イレブン
さらにおいしくなった「カップうどん」

 セブン-イレブン・ジャパンは、電子レンジで加熱するタイプの「カップうどん」をリニューアルし、9月21日から発売する。うどんに使用する小麦はすべて国産に切り替え。小麦本来の香りやもちもちとした食感が特長の国産小麦を使用することで、味や品質の向上を図った。「和風だし香るコク旨カレー南蛮うどん」(税抜490円)や「ジューシーお揚げのきつねうどん」(390円)など。

また、地域で収穫された小麦を使用した地区オリジナルの商品の発売も予定。山口県・九州エリアでは「肉ごぼう天うどん」、群馬県・栃木県・茨城県・埼玉県で「たぬきうどん上州地粉使用麺」を。10月12日から長野県・山梨県で「信州産小麦麺の海鮮天ぷら小盛うどん」、26日からは北海道で「小麦の風味豊かな豚肉うどん」を発売する。

ファミリーマート
「立石五丁目店」で使用済みペットボトルの追跡を実証実験

 旭化成、ファミリーマート、伊藤忠商事、伊藤忠プラスチックスの4社は、使用済みペットボトルを回収BOXに投入したあと、リサイクル素材に加工されるまでをスマートフォンのアプリで追跡できるサービスの実証実験を始めると発表した。

 この事業は、旭化成、伊藤忠商事、伊藤忠プラスチックスと協同で取り組む、資源循環社会の実現に向けたデジタルプラットフォーム構築プロジェクト「BLUE Plastics」の取り組みの一環。ペットボトルを投入した日時と本数、リサイクルによって削減されるCO2排出相当量、回収されたペットボトルの輸送状況や工場での再生加工状況などをアプリで確認できる。ペットボトルの本数によってキャラクターが成長するという仕掛けも搭載。

 期間は9月26日から11月25日までの2ケ月間。東京都葛飾区内の「ファミリーマート立石五丁目店」で開始する。

「ごちむすび」に新ラインアップ登場

 ファミリーマートは、発売2周年を迎える贅沢おむすびシリーズの「ごちむすび」が累計販売数1億5000万食を突破したことを機に、定番商品の「大きな鮭はらみ」(税込210円)と「とろさば」(185円)をリニューアル。また、新たに「はらこめし」(248円)と「比内地鶏の炙り焼きめし」(220円)の2品を追加し、9月13日から全国で発売した。2周年の「ごちむすび」のテーマを「ごち米、ごち海苔、ごち具材。」とし、米、海苔、具材の3つにこだわった。

全73種類の「ファミマのごちそうクリスマス」予約受付開始

 9月17日からはクリスマス商品の予約受付を開始した。今年は、「ファミマのごちそうクリスマス」と題して、大人気のキャラクターとコラボしたケーキ5種類、専門店監修のケーキ4種類、オリジナルケーキなど計24種類のケーキに加え、チキン、オードブル、ピザなど、これまでで最多の全73種類を品揃えした。

<四国地方>「えひめ南予きずな博」とのタイアップ商品

 9月20日には「えひめ南予きずな博」とタイアップし、愛媛県の特産品である「しらす」を使用した「釜揚げしらす弁当」(税込320円)と、県に馴染みのある食材「じゃこ天」を使用した「ホットサンド じゃこカツタルタル」(218円)を発売する。四国地方限定販売の商品。

ローソン①
GODIVA監修の新作スイーツとパン

 ローソンは9月13日に、GODIVA監修のスイーツとパンを発売。「Uchi Café×GODIVA ショコラアマンド」(税込484円)、「Uchi Café×GODIVA どらもっちドゥーブルショコラ」(354円)、「GODIVA ショコラクロワッサンマフィン」(235円)、「GODIVA ノワアマンドショコラサンド」(235円)。

ローソン②
濃厚&とろける“チーズケーキ”とお手頃価格の本格“カヌレ”

 9月26日から順次、濃厚な味わいととろけるような食感が特長の「濃厚チーズケーキ」(税込248円)と、外側はカリッと内側はもっちりとした食感に仕上げた「濃密カヌレ」(160円)を全国で発売する。チーズケーキは、2種類のクリームチーズ、北海道産生クリーム、牛乳、サワークリームを合わせ、低温でじっくり湯煎焼きにした。カヌレは、フランス伝統菓子のカヌレを参考に、牛乳、卵、ミックス粉、発酵バター、ラム酒、バニラシードなどを配合した生地原料をじっくり寝かせ、長時間かけて焼き上げた。

<北海道>塩分80%をカットしたロールパンを発売

 ローソンは、食塩を使用せずに製造し、塩分80%をカットした「塩を加えずに焼き上げたロールパン2個入」を北海道大学病院、日糧製パンと共同で開発した。9月13日発売で税込181円。

<東北地区>米粉を使用したドーナツ2品

 ローソンは9月13日から東北エリアの店舗で、東北各県のブランド米の米粉や各県の地元産食材などを使用したドーナツ「東北産米粉入りフレンチクーラー」シリーズの発売を開始。第1弾となる商品は、10℃以下のチルド温度帯で販売するチルドドーナツで、宮城県産のブランド米「だて正夢」の米粉を使用した「ずんだホイップ」(税込180円)と、秋田県産ブランド米「あきたこまち」の米粉を使用した「あんバター」(175円)の2品。両商品とも、チルド商品ならではのフレッシュなクリームを楽しめる。来年2月にかけて第2弾・第3弾の発売を予定。

 <関東甲信越地区>千葉県産の和梨を使用したシュークリーム

 9月20日から関東甲信越エリアの店舗で、千葉県産の和梨を使用した「ツインシュー(和梨クリーム&ホイップ)」(税込167円)を発売する。地域の特産品をクリームに使用した「ご当地クリームシュー」シリーズの第5弾。これまで、長野県産のりんご、山梨県産のシャインマスカット、神奈川県産の湘南ゴールド、群馬県産のブルーベリーを使用したシュークリームを発売し、累計販売数で100万個を突破した。

ミニストップ
タイで人気のピリ辛のエスニックチキン

 ミニストップはタイで人気のチキン「タイの焼鳥ガイヤーン」(税抜202円)を9月16日から発売。大きめにカットした鶏肉を3個串にし、にんにく、醤油、唐辛子などを使用した甘辛いタレにパクチーとナンプラーを加え、エスニックな焼鳥に仕上げた。

“フラッペ系”デザート、グルクルの第2弾

 混ぜながら飲むデザートとして、ミニストップで人気の「グルクルシリーズ」から、いちごとバニラのバランスをポイントにした「グルクルいちごミルク」(税抜370円)を9月16日に発売。シャリシャリの氷を加えたフラッペ系グルクルの第2弾で、酸味のあるいちご味と濃厚なバニラソフトの甘さをマッチさせた商品。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media