リユース業態で快走するゲオが次に見据える、オフプライスストアの可能性と普及への難所

2022/07/06 05:55
Pocket

ゲオホールディングスはさきごろ、2022年3月期決算を発表。売上高は3347億8800万円(前期比2%増)、営業利益は81億7300万円(同89.6%増)、経常利益は96億6200万円(同101.5%増)、当期純利益は59億8500万円だった。

堅調な伸びを示す中で、柱に成長した「リユース」事業が大きく伸ばし、売上高で1684億1900万円で対前期比126%。連結の売上高で50.6%、売上総利益の構成比は、56%(前期は48.9%)となり、ついに過半数を超えた。リユース業態で快走するゲオが次に見据える成長戦略とは何だろうか?

セカンドストリート

衣料品・家電のリユース部門が業績を牽引

同社の「リユース」は大きく、ゲームなどの「メディア系」と衣料品やラグジュアリー商材などの「リユース系」の2つに分かれている。なかでも伸びているのが後者の「リユース系」。売上高で対前期比1427%となる111674800万円で数字を牽引。初の1000億円を突破(前期は782億円)した。

同社のリユース系は、業態で言うと主に、家庭用ゲーム・携帯電話・スマートフォンの買取販売、DVDレンタル等を行う店舗の「GEO」と衣料品や家電製品等の買取販売を行う「2nd STREET」で構成される(他に時計・バッグリユースのおお蔵がある。また、GEOではレンタル、新品も扱う)。

主軸は後者の2nd STREETだ。この1年で38店舗増やしたのに対し、GEO56店舗の減少となっていることからも、勢いの差は鮮明になっている。同社はさらに出店攻勢を強め、20233月期末までに800店体制を目指し、売上拡大を図る。

ゲオホールディングスの商材別売上高 22年3月期(出所:同社決算説明資料)
ゲオホールディングスの商材別売上高 22年3月期(出所:同社決算説明資料)

リユースの次の柱の育成へ

リユース市場でトップを走る同社はその体制強化と並行し、次なる一手として、新規フォーマットの拡大にも力を注ぐ。オフプライスストアのLuckRackだ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media