「フード&ドラッグ」の急先鋒!? ウエルシア イオンタウン幕張西店現地レポート!

雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

ドラッグストア大手(DgS)大手のウエルシア薬局(東京都/松本忠久社長)は10月21日、千葉県千葉市美浜区に「ウエルシア イオンタウン幕張西店」(以下、幕張西店)を開業した。生鮮・総菜を含む約150坪の食品売場を備えるほか、併設の調剤薬局には数千万円規模の最新調剤機器を導入。まさに「フード&ドラッグ」を可能な限り深掘りしたフォーマットとなっている。オープンしたばかりの店内の様子をレポートする。

売場から垣間見えるウエルシアの食に対する”強い意思” 

10月21日に開業したウエルシア イオンタウン幕張西店。開業直後から多くの人が押し寄せた
OLYMPU10月21日に開業したウエルシア イオンタウン幕張西店。開業直後から多くの人が押し寄せたS DIGITAL CAMERA

 幕張西店はJR総武線「幕張本郷」「幕張」、JR京葉線「海浜幕張」の各駅から直線距離でおよそ1~1.5kmほど離れた場所に立地する。イオングループの本社にもほど近い、まさに”お膝元”での出店である。

 店名からもわかるとおり、イオンタウン(千葉県/加藤久誠社長)が同日開業したNSC(近隣型ショッピングセンター)「イオンタウン幕張西」の核店舗としてオープン。これはウエルシア薬局としては初めての形態だ。なお、同NSCにはウエルシアのほか、コインランドリーやフィットネスジム、クリニック、さらに来年夏には約180床を有する「幕張病院」も併設開業する予定となっている。

 実は当初の計画ではイオン系の小型スーパー(SM)「アコレ」とともに共同出店する予定だったという。しかし、「DgSの新しいかたちを求めるにあたって、(ウエルシアとしての)食の強化が重要なテーマの1つ」(松本社長)というウエルシア薬局側の強い思いから、共同出店ではなく約1400㎡のスペースに単独出店することになったという。

ウエルシア幕張西
食品売場は約150坪。品揃えは限定的だが生鮮はフルラインで揃える

 実際、食品強化の姿勢は売場を見ればすぐに伝わってくる。およそ150坪の食品売場では、昨今のDgSの品揃えとしては当たり前になりつつある菓子、加工食品、日配品、酒類のほか、青果・精肉・鮮魚の生鮮3品と総菜もカバー。いずれもコンセッショナリーではなく直営だが、店内に加工スペースはなくすべてアウトパックとなっている。

 このうち青果は近隣の船橋市場から仕入れた新鮮な野菜や果物のほか、カットサラダやカットフルーツなど約100SKU取り揃えている。

 精肉はイオンフードサプライ(千葉県/戸田茂則社長)からの供給品を中心に、「純輝鶏」「うまみ和豚」などイオンブランドの商品が並ぶ。鮮魚は塩干が中心で丸物や刺身などは置いていない。 

ウエルシア幕張西
総菜は近隣のオリジン弁当の店舗から供給を受けるほか、セコマ(北海道)のチルド総菜も扱う

 総菜は「オリジン弁当 検見川浜店」から米飯や弁当、総菜パックなどを仕入れて展開。また、チルド総菜は既存店でも導入実績のあるセコマ(北海道/赤尾洋昭社長)の冷蔵パスタや焼き鳥パックなどを販売している。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media