ワークマン新業態がオープン、時間帯によって店内演出を変更する“二枚看板店”

2020/03/18 14:13
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

作業服専門店のワークマン(群馬県/小濱英之社長)は319日、埼玉県さいたま市にある「WORKMAN さいたま佐知川店」を「WORKMAN Plus さいたま佐知川店」(以下、さいたま佐知川店)に改装オープンする。同店はワークマン初の“二枚看板店”で、建設現場の作業員などの「プロ客」と一般客それぞれが来店の多い時間帯に合わせて、看板や内装を変更するという新しい取り組みを実施する店舗だ。

店舗の演出を変化させ、商品の見せ方を変える!

 さいたま佐知川店がリニューアルオープンする前日の318日、ワークマンはマスコミ向けの新戦略発表会を実施した。同社は同店を新業態「W’s Concept Store」の1号店と位置づけ、新たな店舗戦略を明らかにした。

 W’s Concept Storeで特筆したいのは、1日のなかで時間帯に応じて看板や内装を変化させている点だ。建設現場の作業員などの「プロ客」が仕事の前後によく来店する700100016:3020:00は「WORKMAN」として、一般客が多い10:0016:30は「WORKMAN Plus」として営業する。看板の切り替えには、野球場などで使用されている「トライビジョン」方式を採用。「WORKMAN」「変身中」「WORKMAN Plus」の3種類の表示を切り替えることができる。「変身中」は店内の「見せ方」を変更している最中に使用する。

外の看板は時間帯に応じて切り替わるようになっている
外の看板は時間帯に応じて切り替わるようになっている

 店内もそれぞれの客層に合わせたものに変更する。プロ客向けには、店内中央奥のマネキンが乗っている画面に表示する映像を高所作業にし、その両脇に配置したモニターには作業服を映し出す。照明はプロが働く過酷な使用環境に耐えうる商品を分かりやすく伝える昼光色を採用し、入口近くに設置したディフューザーの香りは仕事でやる気が出るようにミントのような清涼感のあるものを使用する。音楽はロックやインディーポップを中心に、モチベーションを喚起するような楽曲をセレクトした。

店内のマネキンが乗っている画面は、プロ向けには高所作業の映像を映し出す
店内のマネキンが乗っている画面は、プロ向けには高所作業の映像を映し出す

 一方、一般客向けには、店内中央奥のマネキンが乗っている画面に表示する映像をボルダリングにし、その両脇に配置したモニターにはアウトドア・スポーツウェアを映し出す。照明は落ち着いた雰囲気を演出する暖色を採用し、香りはベルガモットや紅茶のようなリラックスできるものを使用する。音楽はミディアムテンポのアコースティックナンバーを中心に流す。なお、取り扱う商品の変更は行わず、あくまで商品の見せ方を変えるねらいだ。

一般客向けには、ボルダリングの壁を映し出す
一般客向けには、ボルダリングの壁を映し出す

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media