ダイヤモンド・チェーンストア2021年4月1日号「競争回避のオンリーワン戦略 進む!食のSPA化」

2021/04/01 00:00
Pocket

ダイヤモンド・チェーンストア2021年4月1日号
目次を見る

ダイヤモンド・チェーンストア4月1日号の特集は、
「競争回避のオンリーワン戦略 進む!食のSPA化」をお届けします。

 食品小売の商品政策(MD)において、プライベートブランド(PB)商品は珍しいものではなくなりました。しかしそれゆえに、ナショナルブランドの廉価版のような独自性のないPBでは差別化が難しくなりつつあります。

 そうした状況下、自ら製造拠点を持つ企業を含め、自社で商品のスペックをコントロールして他社にない独自性ある商品開発を進める企業が、競争時代に存在感を増しています。地域の消費生活を熟知する小売業ならではの「ローカライズ」を重視する、新たな商品開発の勝ちパターンも見えてきました。

 来店動機になる強い商品開発はどのように進められているのでしょうか。神戸物産、ツルヤ、ヤオコーをはじめ有力チェーンの取り組みをレポートします。

 また、キーパーソンインタビューには、セコマ代表取締役会長の丸谷智保氏と、セブン&アイ・ホールディングス常務執行役員 グループ商品戦略本部長の石橋誠一郎氏が登場。国内小売企業の中でもとくにSPA戦略を明確に打ち出し成長につなげている2社の取り組みについて直撃しました。

 このほか、「THE INTERVIEW」には、イズミヤ(大阪府)の梅本友之社長と、フードウェイ(福岡県)の後藤圭介社長が登場。さらに「特別レポート」では、「未来型ディスカウントストア」を標榜するイオン(千葉県)の新業態「パレッテ高座渋谷店」の売場づくり、商品政策、価格政策を徹底解剖しました。

 今号も盛りだくさんの内容でお届けします。ご購読・ご精読をお勧めします!

DCSオンライン+会員の方は電子書籍で閲覧いただけます。
DCSオンライン+とは?

電子書籍を開く

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media