カインズ、1号店の栃木県閉店に 台風19号の浸水被害による

2019/12/18 14:24
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

カインズ外観
カインズは、栃木県栃木市の「カインズ栃木店」(栃木県栃木市薗部町)を閉店すると発表した。写真は別店舗

 カインズは、栃木県栃木市の「カインズ栃木店」(栃木県栃木市薗部町)を閉店すると発表した。 

 栃木店は、台風19号における浸水被害により営業を見合わせていたが、店舗の老朽化などもあり、営業を再開せずに閉店することにした。同店はカインズの前身である「いせやホームセンター」1号店として1978年にオープン。以来41年間、地元密着のホームセンターとして支持されてきた。

 なお同様に台風19号の影響で休業していた「カインズ大平店」(栃木県栃木市大平町)は12月18日により営業を再開した。営業再開に際し、一部レイアウトの変更と、最新の内装デザイン導入を実施するとともに、フードコートとペットサービスは休業とする。栃木市台風災害復旧の支援として、オープニング期間における売り上げの一部を、「栃木市台風災害義援金」へ寄付する。なお、休業していた隣接するベイシア大平モール店も、12月14日から仮オープンした。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media