「西武渋谷店」にECとリアル店舗を融合させた新型売り場、9月に開設

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

そごう西部「西部渋谷店」のECとリアル店舗を融合させたOMO型売場の完成イメージ
駐車場が入るパーキング館の1階を改装し、「チューズベース シブヤ」としてオープンする

 そごう・西武は4月6日、「西武渋谷店」(東京都渋谷区)にEC(インターネット通販)とリアル店舗を融合させたOMO(Online Merges with Offline)型の売り場を9月に開設すると発表した。

 若者の支持を集める新興のD2C(Direct to Consumer)ブランドと協業、ECサイトのオープンと同時に売り場に商品を並べ、ECでもリアル店舗でも商品を購入できるようにする。ECで購入した商品の店頭受け取りにも対応する。

 西武渋谷店の駐車場が入るパーキング館の1階を改装し、「チューズベース シブヤ(CHOOSEBASE SHIBUYA)」としてオープンする。売り場面積は約700平方メートル。取扱商品は雑貨や衣料品、インテリア用品、化粧品などを見込む。

 若い世代が関心を持つ社会課題をテーマに設定し、テーマに沿った商品やブランドを集積する。テーマや商品は一定期間で入れ替える。オーダースーツのFABRIC TOKYO(東京都渋谷区)が手がけるカスタムオーダーの女性服ブランドや、カフェ運営のカンカク(東京都港区)が提供するスムージーの新ブランドなど約30社の商品を取り扱う予定だ。

 来店客は店内専用のウェブカタログを通じて、スマートフォンアプリのカートに商品を追加、決済もアプリで行う。商品は自宅に配送してもらうことも可能だ。店頭で見た商品をアプリに登録し、帰宅後に購入するなどオフラインとオンラインを融合させた買い物体験を提供する。

 出品者は、販売商品をシステムに登録し、チューズベース シブヤに商品を配送する。店頭での陳列や販促、在庫管理、売上管理などの業務はそごう・西武が代行する。そごう・西武側は、ECサイトとリアル店舗での訪問・購買データやAI(人工知能)カメラで記録した店内動画データ、ウェブカタログ上での行動履歴データなどを収集・解析。こうしたデータを出品者も閲覧できるようにする。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media