ホーム   フラッシュニュース    商品・サービス 
記事タイトルバナー
2017年6月28日

【マクドナルド】
ウーバーで宅配サービス、都内の一部から

 日本マクドナルドは6月29日、米配車アプリ大手ウーバーテクノロジーズの食品宅配サービス「UberEATS(ウーバーイーツ)」でハンバーガーなどの商品を注文できるようにする。

 

 対象エリアは東京都内の港区、中央区、千代田区など7区の一部。ウーバーイーツのアプリやウェブサイトからマクドナルドの商品を注文すると、ウーバーに登録した配達員がマクドナルド店舗で商品を受け取り、指定の場所まで届ける。このサービスに対応するのは都内の33店舗。商品は1品から注文可能で、自宅やオフィスだけでなく公園など屋外にも届ける。配送手数料は380円(税込)。

 

 マクドナルドは自社の従業員が商品を届ける「マックデリバリー」を大都市圏を中心とする約200店舗で展開している。ウーバーイーツも利用できるようにすることで、宅配サービスを強化する。

 

 ウーバーイーツは2015年にカナダのトロントで始まり、東京では16年9月から開始。現在は26ヵ国95都市でサービスが展開されている。

 

DRM online 関連記事

Special topics