数字で紐解く!ニューノーマルにおける東南アジアの小売市場の動向 #3シンガポール編

2020/12/11 10:00
ダイヤモンド・リテイルレビュー チーフ・エディター 内山 宗生

ダイヤモンド・リテイルメディアは、東南アジアの小売市場の現状分析と戦略立案をサポートする「ダイヤモンド・リテイルレビュー」(PDFファイル形式)を刊行しています。2020年12月、各国の消費者情報を深掘りするとともに、小売マーケットの最新情報をお伝えする「ショッパー&リテイル」として刷新し、タイ、マレーシア、シンガポールの最新版を発刊いたします。
この連載では「ダイヤモンド・リテイルレビュー」のチーフ・エディター内山宗生が、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた2020年上期の動向など、多様性に満ちた東南アジアの最新の消費者動向と小売市場の“いま”を読み解きます。
今回はシンガポールの消費者動向と小売市場にフォーカスします。

シンガポール

シンガポール

ショッパーの消費の変化と小売市場

ASEAN6の中では最も小さな面積(東京23区よりも15%大きい約720平方キロメートル)を持つシンガポールの2019年の総人口は570万3569人で、前年から1.2%増加した。総人口の約70%に相当する居住者人口は402万6209人で、前年比0.8%の増加である。
居住者人口をベースとしたシンガポールの世帯数は137万2400世帯となり、前年比3.6%の増加である。世帯内人数は3.16人、世帯内就業人数は1.65人と前年から変化はほとんどない。月額平均世帯所得は9763SGDで前年から0.9%の増加となった。
2019年のシンガポールのGDPは5075億6800万SGDで前年から0.8%増加した。しかしながら国民1人当たりのGDPは0.3%減少し、8万8991SGDとなった。シンガポールの国民1人当たりのGDPは、ASEAN6の中では最も高い。2番目に大きなマレーシアの約5.7倍、日本の約1.6倍に相当する。
2019年にシンガポールを訪れた外国人旅行者数は、シンガポール総人口の3.3倍に相当する1910万人に達した。国別では、トップが中国で、インドネシア、インドと続く。


シンガポールの家計支出

2013年から2018年の間のシンガポールの世帯支出は3.8%の増加にとどまった。GDPの伸び率、世帯収入の伸び率を下回った。「食料品」「アルコール飲料」「衣料/履物」「交通」「レクリエーション活動」への支出が減少する中で、「宿泊」「医療関連」支出が大きく増加した。また「外食」は世帯支出の17%と大きな比率を占めている。

シンガポールカテゴリー別世帯支出金額(月額平均)2018年
※クリックで拡大

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media