新店速報!群馬2号店、ツルヤみどり店にみる売場の進化とは?

2021/06/25 05:55
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集長 阿部幸治
Pocket

6月24日、ツルヤ(長野県/掛川健三社長)にとって群馬県内2号店となるツルヤみどり店(群馬県/みどり市)が開業した。果たしていかなる店か?商品面ではどんな進化がみられ、お客の反応はどうだったのか?オープン日当日朝、同店に足を運んだ。文中の価格表記はすべて税抜き

ツルヤみどり店
6月24日オープンしたツルヤみどり店

ツルヤみどり店 オープン朝から大行列

 ツルヤみどり店がオープンしたのは、群馬県1号店であるツルヤ前橋南店から約20km東に位置する同県みどり市の国道50号線沿い。単独店ながら315台という広大な駐車場を有することからも、一般的な郊外型スーパーマーケットとは段違いの売上規模を期待していることがわかる。実際、ツルヤの20206月期の売上高は約967億円で、1店舗あたり30億円近く売っていることになる。ただしこれは、旗艦店で1000坪の広さを持つ前橋南店がオープンする前の売上数字だ。前橋南店は30億円どころではないハイペースで売上を稼いでいるようで、今回オープンしたみどり店にも期待がかかる。

 オープン日は朝9時オープンの予定だったが、お客の行列が多かったためか、9時少し前に開業。コロナ対策もあって、開業当初から入場規制を敷いていた。筆者は850分過ぎに行列に参加。店からだいぶ離れた最後尾に並び、ざっと目視で300人は前に並んでいたが、スタッフの誘導も手馴れており、9時過ぎには入店できた。

 オープン時はまだ駐車場に余裕があり、周辺道路の渋滞もさほどではなかった。一方で一人で買い物に来ているお客は少なく、1グループあたり2~3人で「ツルヤでの買い物を楽しみにきた」お客が大半だった。車のナンバーは前橋南店のオープン日とは異なり、群馬ナンバーが圧倒的に多かった。

ツルヤみどり店のレイアウト

 ツルヤみどり店の店舗面積は大店立地法届け出ベースで3522㎡。標準化しているツルヤは、このみどり店でも売場レイアウトは基本的に既存店を踏襲していた。

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media