ツルヤ前橋南店がベイシア本社近くにオープン ツルヤらしさを出しながら、ローカライズを進める売場づくりとは?

2020/11/14 05:59
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集長 阿部幸治

長野県内で35店舗を展開するツルヤ(掛川健三社長)は11月12日、初の県外店舗、「ツルヤ前橋南店」をオープンした。群馬県を代表する小売業、ベイシア(橋本浩英社長)の本社から徒歩約20分、旗艦店のベイシア前橋みなみモール店からも近い場所への出店となった。ツルヤ県外1号店は果たしてどのような売場づくりなのか、そして迎え撃つベイシア側の状況は? オープン当日の様子をまとめた。

ツルヤ前橋南店
ツルヤ前橋南店

ツルヤ渋滞が発生!
競合するベイシアの状況は?

 11月12日午前10時、高崎インターチェンジを降りてツルヤ前橋南店へと向かう。インターチェンジの出口からツルヤまでは県道27号線(通称「高駒線」)を2km進むだけ。ところがとにかくひどい渋滞で、車は全く進まない。結局ツルヤの駐車場に辿り着く頃には11時を大きく回っていた。Googleマップ上では27号線はびっしりと真っ赤が続き、Twitterを見ると「ツルヤで5km以上の渋滞」という書き込みも見られた。車はその多くが県内ナンバーで、地元の人がオープン日に大挙して押し寄せた格好だ(註 左折入場のため、片側二車線のうち左側車線がひどい渋滞で、右側車線は多少混雑するも流れていた)

 そのツルヤ前橋南店は、自社開発の近隣型ショッピングセンター(NSC)ツルヤ前橋南ショッピングパークの核店舗として出店。駐車場は420台分を備え、マツモトキヨシやダイソーなどと商業施設を形成する。完全なロードサイド立地で、道路を一本入ると、のどかな住宅地と畑が広がる。競合店としては、東へ800mの距離にしみずスーパー前橋亀里店、南へ約2㎞の距離にはコストコ、カインズ、東京インテリアなどとともに巨大商業集積の核を担う「ベイシア前橋みなみモール店」がある(11月15日修正:「ベイシアからさらに東へ500mの距離にフレッセイ店舗がある」と記述していましたが、正しくはフレッセイ本社で店舗ではありません)

ベイシア前橋みなみモール店もツルヤオープン日は上々の集客
ベイシア前橋みなみモール店は、ツルヤオープン日もお客で賑わっていた

 とくにベイシアは、本部から徒歩20分程度という至近距離にツルヤが出店したこともあり、並々ならぬ対抗心を燃やしているようだ。11時半ごろ別の編集部員がベイシア前橋みなみモール店の状況を確認したところ、SCの駐車台数は満車とは言えないものの目視で6〜7割ほどは埋まっている状況。平日にしては十分な集客だった。またベイシア店内もお客で賑わっており、「10周年誕生祭」のチラシを入れ、黒毛和牛100g598円などの強烈な価格を打ち出すことで対抗している様子がうかがえた。

1 2 3

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media