店舗の臨機応変な販促活動により売上アップ! 大判プリンター&カラーラベルプリンター

2020/01/08 17:20
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

 小売業にとって目下の人手不足は深刻な問題。限られた店舗スタッフに負担をかけずに楽しく仕事ができて売上アップにも貢献できるような工夫が必要だ。さまざまな店舗業務がある中で変更の多い棚札の作成や、買物客の目に留まる効果的なPOPや店内掲示用のチラシなど手間のかかる作業に、カラーインクジェットプリンターを使用するのも解決策となる。

プリンタ利用シーン

 店舗にとって、状況の変化に対し迅速な対応を可能にすることも売上アップには重要だ。例えば、集客状況に応じて特売品を変更したり、追加したりして注目を集める必要も出てくる。

 この時に、いち早く価格を表示した棚札を変更し、商品を目立たせるPOPを作成しなければならない。いちいち外注していては、タイミングを逃すことにもなりかねない。

 そのためには店舗に棚札をすぐに作れるラベルプリンターを備え、さらに大判のインクジェットプリンターがあればチャンスロスを防ぐことができる。

 店舗スタッフの誰でもタッチできる、簡単操作のプリンターはぜひ備えておくだろう。

タイムリーな販促キャンペーンに!
大判プリンターエントリーモデル「SC-T3150」

SC-T3150

 さらに店舗で使用してこそ効果を発揮するのが大判プリンター「SC-T3150」。店舗ではキャンペーン商品や特売など売りたい商品には目立つPOPやのぼりを掲示したい。タイムリーに掲示するためには、店内で作成するのがいちばん。そんなときに役立つのが大判プリンターというわけだ。

 ポスターを外注制作すればA1サイズで1枚当たり約1187円(注1)のコストが必要だが、内製化すれば同じサイズで用紙代・インク代込みで約153円(注2)と大幅なコスト削減につながる。

 エプソンの大判プリンター「SC-T3150」ならば、メディアの種類も豊富で、例えばイベントなどではマルチカットクロスを使ってバナーやのぼりなども製作できる。

 また、使用する顔料インクは水濡れにも強く屋外の掲示用にも使用できる。その中でA1プラスサイズ(610㎜幅)の用紙にプリントできる「SC-T3150」は、コンパクトな大きさなので、店舗のバックヤードに置いても邪魔にならないサイズを実現している。作業台、テーブルなどに設置するなら、スタンド無しモデル「SC-T3150N」もある。

大判プリンターSC-T3150、SC-T3150Nの製品詳細はこちらをご覧ください。

注1:外注委託コストは、全国61出力センターの価格(10枚単位で発注した場合の1枚当たりの単価)を参考に算出した平均値=2014年エプソン調べ
注2:内製コストはインクコスト約99円、用紙コスト約54円の合計コスト(税別)です。普通紙ロール<薄手>/A1・速い・600dpi×600dpi・双方向印刷オン。マットブラック80ml、シアン・マゼンタ・イエロー50mlインクカートリッジ使用時。当社プリンター動作環境に置いて計測したものです。ご使用の状況により変動します。保守料金、交換部品代、人件費等は含まれておりません。

手間も無駄も削減!ラベルプリンター「TM-C3500」

 棚札は売価変更のたびに、たくさんプリントして付け替えなければならない。多くの場合、A4用紙に複数の棚札をプリントして、それを一つ一つ棚札サイズにカットして使用しているだろう。棚札のフォントやカラーを選ぶのは、工夫の余地もあり楽な作業。

 しかしたくさんの棚札を切り出すのは、手間もかかるし時間も必要な単調な作業。カットした後に用紙に余白があっても捨てるしかない、という無駄も生む。

TM-C3500

 エプソンのカラーラベルプリンター「TM-C3500」を使えば、必要な枚数だけプリントできてカットする手間もいらず、用紙の無駄も発生しない。つまり忙しい店舗スタッフの作業軽減に役立つ。

 しかもデザインが簡単に作成できるWebサービス(注3)を用意しているので、デザインを工夫することで、店舗オリジナルの売場で目立つ棚札を効率的に作成することが可能になる。

ラベルプリンターTM-C3500の製品詳細はこちらをご覧ください。

(注3)Webサービス『ラベルコンサルタント』の詳細はエプソンのホームページにてご確認ください。

今がお得!キャンペーンは2020年3月30日まで!

 エプソン/ エプソン 販売では「TM-C3500」「SC-T3150N」&「SC-T3150」の小売業向けの普及を狙い、12月からキャンペーンを展開している。

購入前にまずはサンプル請求

 まず販促用のラベルや棚札、POP、ポスターなどに大判プリンターやラベルプリンターを検討している小売業に向けて、Webからの申し込みにより両プリンターで出力した印刷サンプルを提供する。実際にプリントしたサンプルを見れば、プリント品質や用紙の質感などのチェックやコストの検討材料として使える。印刷サンプルの申し込みは2020年の3月29日(日)まで。

購入者には特典も

 サンプルをチェックし、対象の大判プリンター&ラベルプリンターをセット購入したユーザー限定で「セット購入者プレゼントキャンペーン」にWebから応募できる。

 購入キャンペーンでは特典として、ラベルプリンター用の光沢ラベル2 ダイカットラベル(DG2K072051)3本に加え、大判プリンター用のMC厚手マット紙ロール(MCSP24R4)1セットが提供される。キャンペーン期間は20年3月30日(月)まで。

セット購入者プレゼントキャンペーン

 ちなみにキャンペーン期間中は、「SC-T3150」「SC-T3150N」および「TM-C3500」は、キャンペーン特価で販売する。

 価格は全てオープンプライス。参考に、エプソン直販サイト(エプソンダイレクトショップ)での各キャンペーンモデルの販売価格は、次の通り。

  • 大判プリンター「SC-T31R1」(SC-T3150 のキャンペーンモデル)エプソンダイレクトショップ販売価格(税別)13万8000円
  • 大判プリンターのスタンド無しモデル「SC-T31NR1」(SC-T3150N のキャンペーンモデル)エプソンダイレクトショップ販売価格(税別)11万8000円
  • ラベルプリンター「TM-C3500R1」(TM-C3500のキャンペーンモデル)エプソンダイレクトショップ販売価格(税別)9万8000円

(注) 上記の「エプソンダイレクトショップ販売価格(税別)」はエプソンダイレクトショップでの販売価格(2019年12月5日現在)であり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。各販売店における販売価格は各販売店にお問い合わせください。

EPSON 店舗装飾&販売活動の効率化はエプソンにお任せ! キャンペーン実施中!

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media