ヤマト運輸、EVトラックを使った集配を実証、超低床・ウォークスルー型

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ヤマト運輸のEVトラック
日野自動車が開発した「日野デュトロEV」を用いて実証実験を行う

 ヤマト運輸は11月24日から、EV(電気自動車)トラックを使った集配業務の実証実験を「ヤマト運輸日野日野台センター」(東京都日野市)と「同狭山中央センター」(埼玉県狭山市)の2カ所で始めた。

 日野自動車が開発した超低床・ウォークスルー型の小型BEV(バッテリーEV)を用いる。荷室への乗降がしやすく、運転席と荷室を行ったり来たりできる。車両総重量は3.5トン未満で、普通免許での運転が可能。

 実験運用は2022年5月末まで続け、温室効果ガスの排出削減効果や集配業務の効率性などを検証する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media