セブンイレブンとANA、有人地帯でドローン配送、東京・日の出町で実証実験

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

セブンイレブンジャパンとANAHDが実証実験を行う、友人地帯におけるドローン配送

操縦者が目視しない状態で、有人地帯の上空を飛行させ、商品を配送する

 セブン-イレブン・ジャパンとANAホールディングス(HD)は11月29日から、東京都日の出町で人口集中地区を含む郊外においてドローンを使った商品配送の実証実験を行う。

 2022年に施行予定の改正航空法で、有人地帯において操縦者が目視しない状態でドローンを飛行させて荷物を運ぶことが可能となる見込みであることから、サービスの本格運用に向けて準備を進める。

 「セブン-イレブンネットコンビニ」で注文を受けた商品を、日の出町内の店舗から団地の公園や病院など4カ所に設置された配送先までドローンで運ぶ。配送料は110円(税込み)。

 ACSL(東京都江戸川区)が開発した機体を使い、ANAHDが運航と管理を行う。注文の受付時間は午前9時から午後4時までを予定しており、セブン-イレブンの店員がドローンに荷物を搭載、店舗の駐車場から発着する。実験は12月19日まで続ける。

 ANAHDは無人地帯での補助者なしでの目視外飛行によるドローン配送(レベル3)の実証実験を福岡市などで行ってきた。無人地帯での同様の輸送は「レベル4」と定義される。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media