ファミマ、飲料の補充陳列ロボットを導入、AIで自動制御

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ファミマの飲料補充陳列ロボット
1日24時間稼働し、人に代わって約1000本の飲料陳列業務を行う

 ファミリーマートは、店舗のバックヤードで飲料の補充陳列を行うロボットを「ファミリーマート経済産業省店」(東京都千代田区)に導入した。1日24時間稼働し、人に代わって約1000本の飲料陳列業務を行う。

 ロボット技術ベンチャーのTelexistence(テレイグジスタンス、東京都中央区)が開発した新型ロボット「TX SCARA」を採用した。同ロボットはAI(人工知能)によって自動制御され、バックヤードの狭いスペースを水平移動しながら補充陳列を行う。

 AIは店舗の販売実績データを学習することで、時間帯や季節によって変化する売れ筋に合わせ、陳列のタイミングを最適化する。陳列時に飲料のボトルが倒れるなど不測の事態が発生した場合は、人がロボットを遠隔操作して対応する。

 ファミマは2019年11月から経産省の「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」に参画しており、ロボットを活用した店舗の省人化や新しい店舗オペレーション基盤の構築を目指している。20年夏には、テレイグジスタンスが開発した遠隔操作ロボット「Model(モデル)-T」を使った補充陳列の実証実験を東京・豊島区の店舗で始めた。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media