東芝データ、カメラ撮影でレシートを記録、「スマートレシート」と自動連携

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

東芝データのスマホのカメラでレシートを撮影するだけで買い物レシートの内容を記録できるアプリ「レシートスキャン」
紙のレシートを撮影すると、文字情報が自動的に電子データ化され、商品名や金額などを記録できる

 東芝子会社の東芝データは11月1日、スマートフォンのカメラでレシートを撮影するだけで買い物レシートの内容を記録できるアプリ「レシートスキャン」の提供を始めた。東芝テックの電子レシートサービス「スマートレシート」と自動連携され、紙のレシートと電子レシートの情報を一括管理できる。

 レシートスキャンは個人向けサービスとして、無料で提供する。同アプリを使用して紙のレシートを撮影すると、文字情報が自動的に電子データ化され、店舗名や購入した商品名、金額などを記録できる。レシートが発行されない買い物の場合は、自分で情報を入力することも可能だ。

 レシートスキャンで記録した情報は、スマートレシートに自動で反映され、スマートレシートのアプリで買い物データを費目別に振り分けたり、月ごとに集計したりして、家計簿代わりに使える。

 スマートレシートは食品スーパーやコンビニエンスストア、飲食店などで導入が広がっており、導入店舗でアプリ利用者が買い物をした場合は、紙のレシートの代わりに電子化されたレシートが自動発行され、スマホですぐに確認できる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media