サステナブルリテールめざすオイシックス、カニやロブスターなどの培養肉を開発する米国スタートアップ企業に投資

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

オイシックス・ラ・大地(東京都/髙島宏平社長)は9月1日、子会社の投資ファンドFuture Food Fundを通じて、ロブスターやカニなど甲殻類の肉の培養技術を開発するフードテック企業Cultured Decadence (米国ウィスコンシン州)に投資を行ったと発表した。

オイシックスラ大地

持続可能型小売業を目指すオイシックスが代替肉ビジネスに参入

 オイシックスは「食に関する社会課題をビジネスの手法で解決する」を理念として、さまざまな企業活動に取り組んでいる。中心となる食品定期配送の「Oisix」では、ふぞろい品の積極活用、家庭での食品廃棄を削減できるミールキットなどで「サステナブルリテール」(持続可能型小売業)を目指している。食品宅配の他にも、買物難民向け移動スーパー「とくし丸」の運営、米国でヴィーガンミールキットを展開するパープルキャロット(Purple Carrot)の100%子会社化など、活動は多岐にわたる。

 今回のカニ・ロブスターの培養肉を開発するベンチャー企業への投資も、海洋資源の保護に貢献するサスティナブルリテールとしての活動の一環である。代替肉の先進国である米国のフードテック業界の動向のいち早い把握も投資目的の一つで、今回の出資を通じ、将来的には日本での商品化も視野に入れている。

 投資を実行したFuture Food Fundは2019年にオイシックスが設立した投資会社で、フードイノベーション(食の革新)を志す国内外のスタートアップ企業への投資を目的としている。オイシックスは今後も、国内外の先進的な食・農・ヘルスケアなど、フードテック領域のスタートアップ企業への投資を通じて、企業グループとしてのエコシステムの構築を目指すという。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media