ダイエー、ウォークスルー店舗の実験店をオープン、NTTデータ本社に

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ダイエーのウォークスルー店舗「CATCH&GO」
「CATCH & GO」の外観。スマホアプリで入店し、商品を手に取って退店するだけで自動的に決済される

 ダイエーとNTTデータは9月2日、レジを通らずにキャッシュレス決済ができる「ウォークスルー店舗」の実証実験店を東京都江東区にあるNTTデータの本社ビル内にオープンする。

 店名は「CATCH & GO(キャッチ・アンド・ゴー)」で、売り場面積は約37平方メートル。弁当や飲料、菓子、冷凍食品など約600品目を取り扱う。NTTデータの本社別館がある「豊洲センタービルアネックス」の22階で、午前9時から午後8時まで営業する。

 QRコードで入店の認証とキャッシュレス決済ができるNTTデータのサービス「Catch & Go」を活用する。店舗の上部に設置したカメラと商品棚の重量センサーで、来店客が手に取った商品を認識する。

 来店客は専用アプリをインストールしたスマートフォン(スマホ)を入店ゲートでかざし、欲しい商品を手に取って退店するだけで自動的にクレジットカード決済される。レジを通ったり、商品のバーコードを自分で読み取ったりする必要はない。

 NTTデータによれば、今回オープンするキャッチ・アンド・ゴーは、国内のウォークスルー店舗としては最大の面積を持つ。弁当など賞味期限の短い商品については、見切り販売をスマホアプリで通知することで、販売機会ロスや食品廃棄ロスの削減につなげる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media