ローソン、AIが値引き額を推奨、23年度中の全店導入を目指す

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ローソンの店頭に並んだ値引きされたおにぎり
消費期限が迫った弁当やおにぎりなどを値引き販売することで、食品ロスの削減につなげる

 ローソンは6月22日、東北地方の一部店舗でAI(人工知能)を活用した値引き額推奨の実証実験を始めた。消費期限が迫った弁当やおにぎりなどを値引き販売することで、食品ロスの削減につなげる。実証実験の結果をふまえて、2023年度中に全店導入を目指す。

 店舗ごとのその日の在庫数などの状況に応じて、AIが値引き額を推奨する。店舗では、推奨された値引き額をもとに対象商品に値引きシールを貼って販売する。これまで、値引き額の決定は店舗従業員の経験に頼る部分が大きかったが、AIを活用することでより効果的に値引き販売を行う。

 ローソンでは、店内調理のファストフードや店内厨房で作った弁当・総菜などの値引き販売を推奨しており、20年度の実績で全体の約8割の店舗が値引き販売を行っている。

 食品ロス削減については、15年からAIが商品の発注数を推奨するセミオート発注を導入し、発注精度向上に利用している。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media