セブンイレブン、オフィスビルでロボット配送、実証実験を開始

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

セブンイレブンが実証実験する自律走行型ロボット
自律走行型ロボットがエレベーターでフロアを移動し、利用者に商品を届ける

 セブン-イレブン・ジャパンは4月21日、オフィスビル内で自律走行型ロボットを使って商品を配送する実証実験を本格的に始めた。ソフトバンクグループのアスラテックのロボット「RICE」で商品を届ける。

 実験はソフトバンクの本社が入居する「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」(東京都港区)で行う。ソフトバンクの社員が「セブン-イレブンネットコンビニ」で商品を注文すると、セブン-イレブンの店舗従業員が陳列棚から商品をピックアップして「RICE」に載せる。RICEはエレベーターで指定されたフロアに移動、配送先に到着すると利用者のスマートフォンに暗証番号が通知される。利用者はRICEに暗証番号を入力して、商品を取り出す。

 セブン-イレブンとアスラテック、ソフトバンクの3社は、1月18日からRICEによる商品配送の実証実験を試験的にスタートさせていた。今回は、RICEとエレベーターを連携させ、セブン-イレブンの店舗があるフロア以外にも配送できるようにした。

 実証実験には、三菱電機と東急不動産も協力する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media