楽天と西友、ロボットでスーパーからの配送サービス、期間限定で

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

楽天と西友が期間限定実施する自動配送ロボットによる商品のお届けサービス
自動配送ロボットが公道を走行して、スーパーの商品を配送するのは国内で初めて

 楽天と西友は3月8日、「西友馬堀店」(神奈川県横須賀市)から自動配送ロボットで商品を届けるサービスを期間限定で実施すると発表した。両社によれば、自動配送ロボットが公道を走行して、スーパーの商品を配送するのは国内で初めて。

 3月23日から4月22日の火曜日と木曜日の10日間に限定して、サービスを実施する。配送対象エリアは、横須賀市馬堀海岸の約2万4000平方メートルの範囲の住宅地。配送には、パナソニックのロボットを使用する。

 利用者が専用のスマートフォン向けサイトで商品を注文するか、西友馬堀店で購入した商品をサービスカウンターに持ち込むと、自動配送ロボットが商品を自宅まで届ける。ロボットは利用者宅に到着すると、自動音声による電話で知らせる。利用者がロボットの操作パネルに暗証番号を入力して、商品を取り出す仕組みだ。

 注文できるのは、コメや飲料、菓子、調味料など常温度帯の加工食品と日用品など約400点で、生鮮食品や冷蔵・冷凍食品、割れ物などは除く。ロボットによる配送手数料は無料とする。

 楽天と西友は19年から、自動配送ロボットやドローンを活用した配送の実証実験を行ってきた。20年12月には横須賀市馬込海岸地域で公道走行の実証実験を行い、ロボットが公道を安全に自動走行できることを確認した。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media