マルエツ、事業所内に無人コンビニ、菓子・飲料や冷蔵・冷凍食品など販売

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

マルエツ事業所内にオープンした無人ストア
オフィスや工場、物流センターなどに100店舗を出店するのが当面の目標だ

 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)傘下のマルエツは3月4日、法人の事業所内に設置する無人コンビニ「スマート プチ(smart petit)」の1号店を東京都内にある企業のオフィスにオープンした。

 スマート プチでは、飲料や菓子、即席めん、レンジアップの冷蔵商品、冷凍食品、文具、日用品など、スペースに応じて100〜500品目の商品を取り揃える。支払いは、USMHのスマートフォン決済サービス「スキャンアンドゴー イグニカ(Scan&Go Ignica)」で行う。

 事前に予約すれば、弁当の注文配達にも対応する。近隣のマルエツ店舗の従業員が、週に2〜3回程度立ち寄り、在庫確認や発注、商品補充などを行う。スマート プチは、オフィス以外に工場や物流センター、コールセンター、病院などにも設置可能で、マルエツでは当面、100店舗への拡大を目指す。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media