小田急電鉄が「小田急ポイントアプリ」を開始、沿線を中心に利用可能に

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

小田急アプリ
「小田急ポイントアプリ」のアイコンと画面イメージ 画像はプレスリリースより。

小田急電鉄㈱は2月24日、小田急沿線を中心にポイントを貯めて使えるポイントカード(以下、OPカード)をデジタル化した、スマートフォン向け公式アプリとして「小田急ポイントアプリ」の配信を開始した。

小田急ポイントアプリは1,100店を超える加盟店でのポイントサービスをカードレスで利用可能。保有ポイントをすぐに使用でき、アプリ限定のクーポン配信や、登録情報、利用状況に応じてニーズにあわせた優待・特典情報を配信する。また、位置情報から近くのOPカードの利用店舗の検索ができ、優待施設の利用も促すことができる。

小田急は今後も、加盟店の拡大やクーポンの充実によるサービス拡充に加えて「小田急ポイントアプリ」を介し、利用者の利便性を向上させる施策を実施するとしている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media