店舗競争力の源泉 人材育成・教育から数千万円の経営効果を出した「Teachme Biz」

Pocket

CAINZ x Teach me Biz

カインズ、ビッグ・エー、富士薬品にみる活用と成果とは

セルフレジの導入や業務効率化を目的としたデータ活用など、小売業のデジタル化が加速している。新型コロナ禍で社会環境が激変する中で店舗競争力を高めていくために重要なのは「人材活用」だ。今、この店舗競争力の源泉ともいうべき「人材」の育成・教育にデジタルを活用する動きが活発化している。

小売業にとって店舗スタッフの教育・研修は重要である一方、時間もコストもかかる作業。店舗の業務を統一するためには、マニュアルに盛り込むべき項目が多く、パート社員やアルバイトを集めて集合研修するチャンスを作ることも難しい。

スタディストが提供する「Teachme Biz」は、その面倒なマニュアル作成を「理解しやすく」「簡単に作れる」という特徴を生かし、年間16,000時間の教育時間を削減できた小売企業も生まれている。業務工程をステップ化し、スマホやタブレットなどで撮影した静止画・動画を追加することで、誰でも簡単にビジュアルベースの手順書を作ることができる。画像が中心の説明になれば、店舗スタッフも早く、誤解なく作業や指示を理解できる。

まずはホームセンター大手のカインズの導入事例の動画で「Teachme Biz」の導入メリットをご確認いただきたい。

特別レポートでは、「Teachme Biz」を導入して、人材教育の改善や業務の効率化に大きな効果を上げているカインズ、ビッグ・エー、富士薬品の導入・活用事例を具体的に紹介している。
年間16,000時間の教育時間削減、2000万円ものコスト削減をした生産性向上事例のほか、リモート対応しながら試験合格率をアップした事例、その秘訣をシンプルにまとめている。お読みいただければ、コロナ禍でも大手小売チェーンの利用が進む理由も分かるはずだ。

受付は終了しました

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media