富士通と光洋ショップが生体認証を使ったレジなし店舗、24年までに30店

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

富士通と光洋ショップの生体認証技術を使ったレジなし店舗
横浜市にあるホテル内のコンビニで、レジなし店舗システムの実証実験を始めた

 富士通は1月15日、病院内などで売店・コンビニエンスストアを運営する光洋ショップ-プラス(横浜市)と、生体認証技術を使ったレジなし店舗の実証実験を始めた。米Vコグニション・テクノロジーズのレジなし店舗システム「Zippin(ジッピン)」と富士通が開発したマルチ生体認証を組み合わせたシステムを、光洋が運営する「グリーンリーブスプラス横浜テクノタワーホテル店」(同)に実装した。

 来店客は事前にスマートフォン(スマホ)アプリ「GreenLeaves+アプリ」をダウンロードし、クレジットカード情報を登録した後、アプリに表示されたQRコードで入店する。店内ではカメラや重量センターとAI(人工知能)を組み合わせることで来店客の動きや購入商品を判別する。来店客が店舗を出ると自動的に決済が完了し、スマホに電子レシートが送られる。

 また、手のひら静脈と顔の情報をスマホアプリとひも付けて事前に登録すると、スマホを使わず手ぶらで入店できるようになる。

 光洋では実証実験を経て、4月1日から同店舗でレジなしシステムを本格運用する。その後、病院など閉鎖商圏内の店舗を中心に2024年までに30店舗以上でレジなし店舗システムを導入する計画だ。

 富士通では20年2月に川崎市にある同社事業所内の「ローソン」にレジなし店舗システムを導入し、実証実験を続けてきた。一般客を対象とした実証実験は、光洋の店舗が初めてとなる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media