ファミマ、仮想現実を使った社員研修を実施、1人当たり約60時間削減

2020/10/13 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ファミマが実施した、仮想現実を使った社員研修
仮想現実での研修用に、店舗オペレーションを網羅する960のコンテンツを開発した

 ファミリーマートは仮想現実(VR)を活用した社員研修の実証実験を行った。直営店で勤務する新入社員を対象に行ったところ、店舗オペレーションの習得に要する時間を1人当たり約60時間削減できる効果があったという。

 InstaVR(インスタブイアール、東京都港区)が提供するVRプラットフォームを活用した。VRでの研修用に、店舗オペレーションを網羅する960のコンテンツを新たに開発した。全コンテンツは英・中・シンハラ・ベトナム・ネパールの各言語にも対応する。

 実験では、VRを利用するグループと従来の対面方式で研修を行うグループに分け、店舗オペレーションの習得に要する時間を比較した。VR利用グループでは、教える側が約30時間、教わる側も約30時間の削減効果があり、両方合わせて約60時間の削減につながった。

 今後は、VR研修プログラムをフランチャイズ加盟店でも活用することを視野に入れ、導入対象の直営店を拡大しすると共に、研修プログラムの充実を図る。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media