ローソン、遠隔操作ロボットでの補充陳列、9月14日開業の店舗で実施

2020/09/08 10:43
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

テレイグジスタンス社製ロボット「Model-T」を遠隔操作している様子
テレイグジスタンス社製ロボット「Model-T」を遠隔操作している様子

 ローソンは9月14日に開業する「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」(東京都港区)で、遠隔操作ロボットを使った商品陳列作業を行う。ロボット技術ベンチャーのTelexistence(テレイグジスタンス、東京都港区)が開発したロボット「Model(モデル)-T」を使い、飲料や弁当・おにぎりなどの補充陳列を遠隔操作で実施する。

 モデルTは、VR(仮想現実)技術を使って離れた場所から人が操作できる。店舗のバックヤードにモデルを設置して、VRゴーグルに映し出される映像を見ながら、オペレーターがロボットを操作し、商品を陳列していく。

 遠隔操作中のオペレーターとロボットの動きをデータとして蓄積し、人工知能に学習させることで、ロボットが自動で作業を行う割合を増やすための研究開発も進める。

 モデルTを使った商品陳列の実証実験は、ファミリーマートも8月26日から東京都豊島区にある店舗で行っている。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media