サイバーエージェント、小売店向け電子POPシステムを提供、AIによる分析も

2020/08/21 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

サイバーエージェントの小売店の店内販促用電子POPシステム「CyberPOP(サイバーポップ)」
AIカメラを搭載した電子POPは、販促効果の検証や行動データの分析にも活用できる

 サイバーエージェントは8月19日、小売店の店内販促用電子POPシステム「CyberPOP(サイバーポップ)」の提供を始めると発表した。店内販促ツールとして広く利用されている紙製のPOPは、張り替えや管理作業に手間がかかるため、電子化して一括管理できるシステムによって、作業の効率化を支援する。

 サイバーポップは、店舗に設置した全ての電子POPの掲載内容をクラウド上で管理し、スマートフォンやタブレットなどから掲載内容を簡単に切り替えることができる。店舗ごとの来店客の属性に応じた独自のキャンペーン情報やタイムセールの告知など、販促ツールとして柔軟に運用することが可能だ。

 電子POPには小型タイプ、大型モニターなど複数の種類がある。AI(人工知能)カメラが搭載されており、画像認識技術によって来店客の属性を推定したり、通過人数、視聴人数、視聴時間などを測定して、販促効果の検証や行動データの分析などに活用したりすることもできる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media