ファミマ、ロボットによる陳列作業を実証実験、22年までに20店舗での導入目指す

2020/07/01 10:50
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ファミマのロボットによる陳列作業の実証実験
ロボット技術ベンチャーのTelexistenceと協業する

 ファミリーマートは6月30日、今夏をめどに東京都内のファミリーマート店舗でロボットによる陳列作業の実証実験を始めると発表した。さまざまな実証を行いながら、2022年までに最大20店舗への導入を目指す。

 ロボット技術ベンチャーのTelexistence(テレイグジスタンス、東京都港区)とロボット開発で協業する。店舗において作業工数が大きい商品検品や陳列業務を遠隔操作のロボットで行ったり、自動化したりすることを目指す。

 ロボットに業務の一部を代行させることで、店舗従業員の業務負担を減らす。ロボットとそれを制御するソフトウエアにより、今までにない店舗オペレーション基盤を開発する方針。なお、基盤の開発に当たっては、米マイクロソフトのクラウドシステム「Azure(アジュール)」を採用する。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media