不良在庫のはずが、高く売れる?在庫価値を“見える化”する新サービスとは?

2020/06/30 05:55
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

オークファン(東京都/武永修一社長)は、在庫管理を支援する新サービス「zaicoban」(ざいこばん)の提供を開始した。企業が抱える過剰、廃棄在庫に適切なソリューションを提供するシステムで、小売業からの注目度も高そうだ。

Hispanolistic / istock
Hispanolistic / istock

年間22兆円に上る廃棄商品

オークファン執行役員ソリューション第一事業部部長田島宜幸氏
オークファン執行役員ソリューション第一事業部部長田島宜幸氏

 オークファンは、「眠っている価値を必要な場所へ」をコンセプトに掲げ、各種事業を展開する企業である。設立は2007年6月で、ショッピング・オークションにおける各種商品の売買相場を比較するサイト「a u c f a n .com」を運営。そのほかグループ企業では滞留品の処分・販売、卸売商品をマッチングするサービスなども手掛けている。

 グループが持つノウハウ、機能を活用、また他企業とも連携し、新サービスとして今年4月にzaicobanをリリースした。

 国内の企業から出る廃棄商品は年間22兆円(オークファン調べ)にも上る。

 仕入れた商品の動きが鈍く、価値が低減した在庫を持ち続けることは企業にとり大きなリスクだ。そこにスポットを当て、ソリューションを提供する従来にないサービスがzaicobanである。

 同社ソリューション第一事業部部長で、zaicobanを統括する田島宜幸氏(執行役員)は「多くの企業では、(店別・アイテム別の)在庫数量管理を担当する『在庫コントローラー』という職位を設けている。だが商品の価値を評価する頻度は1年や半期に1度というケースが大半で、そこに大きな問題がある」と指摘する。

 在庫を放置することにより、商品価値が大きく目減りし、そこで処分にいたるケースも少なくないという。これに対し、zaicobanは、高い頻度で商品価値を評価し、適切に対処することで、在庫リスクの軽減をめざす。

 一般に、売上と粗利益に着目し在庫を管理する企業は多い。それに対し、在庫回転や商品評価損といった、貸借対照表の要素を考慮しているのが新サービスの特徴といえる。つまり従来は意識されなかった、もしくは表面からは見えなかった商品の価値を正しく把握することで、より機動的な経営判断を実現できるような機能を志向する。

 zaicobanでは、企業の在庫を評価、その状態によって「診断」「治療」「予防」という3つのアプローチを用意している。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media