セブンイレブン、「麹町駅前店」で顔認証決済の実証実験、社員限定で

2020/03/16 09:45
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

セブンイレブン、「麹町駅前店」で顔認証決済の実証実験、社員限定で
顔画像やクレジットカード情報、確認用コードを登録することで、顔認証決済を使えるようになる

 セブン-イレブン・ジャパンは3月16日、本社近くの「セブン-イレブン麹町駅前店」(東京都千代田区)でNECの技術を活用した顔認証決済の実証実験を始めた。顔認証と確認用コードの2段階認証により、簡単で安全性の高い決済が可能か検証する。

 NECが2018年12月から本社ビル内の「セブン-イレブン三田国際ビル20F店」でグループ社員向けに運用している顔認証決済を、麹町駅前店でセブン-イレブン社員向けに試験運用する。

 利用者は、専用端末を用いて事前に顔画像やクレジットカード情報、確認用コードを登録することで、顔認証決済を使えるようになる。今後は一般客への顔認証決済サービスの展開や、顔と虹彩を組み合わせた認証の活用も検討する。

 両社は5月中旬から、店内に設置した商品案内用サイネージ(看板)の視聴時間をカメラ映像や人の視線から検知する実証実験も行う予定。年齢・性別ごとの視聴時間を測定し、商品案内の効果を確かめる。

 セブン-イレブンは19年12月、麹町駅前店を省人化・省力化の実験店として改装オープンした。NECでは同店舗に、冷蔵庫やコーヒーマシンなどの稼働状況を監視するシステムやネットワークカメラで陳列棚を定点観測するシステムなどを提供している。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media