セブンイレブン、ネットスーパーの「受取りボックス」を試験運用、都内の2店舗で

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

「受取りボックス」の運用スキーム

 セブン-イレブン・ジャパンでは3月4日から、東京都内のセブン-イレブン2店舗で「イトーヨーカドー ネットスーパー(IYネットスーパー)」で注文した商品を受け取ることができる専用ロッカー「受取りボックス」の試験運用を始めた。

 受取りボックスは、国内の宅配用ロッカーでは初めて「冷蔵・冷凍・常温」の3温度帯に対応した。冷凍食品や生鮮食品などを含めて、IYネットスーパーで注文した商品を利用者の都合のいい時間に受け取ることができる。

 受取りボックスを設置したのは、セブン-イレブンの「荒川南千住3丁目店」と「荒川町屋5丁目店」(荒川区)。商品はネットスーパー専用店舗の「イトーヨーカドー ネットスーパー西日暮里店」(同)から配送する。

 IYネットスーパーで商品を注文し、配送方法として受取りボックスを指定すると、専用番号が記載された注文完了メールが届く。受取りボックスのディスプレイ画面に専用番号を入力することで扉を開錠する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media