イオンリテール、客がスマホで商品バーコードを読み取る「レジゴー」、約20店舗に拡大

2020/02/27 10:02
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

イオンリテール、客がスマホで商品バーコードを読み取る「レジゴー」、約20店舗に拡大
貸出用の専用スマートフォンのカメラで、購入商品のバーコードを読み取る

 イオンリテールは3月から、来店客がスマートフォン(スマホ)で商品バーコードを読み取り、レジ待ちなしで支払いを済ませられるサービス「レジゴー」を約20店舗に順次拡大する。

 同社は2019年、千葉市内にある「イオンスタイル幕張新都心フードストア」と「イオンスタイル幕張ベイパーク」の2店舗でレジゴーのサービスを始めた。来店客は貸出用の専用スマホのカメラで商品バーコードを読み取る。野菜や果物などバーコードが付いていない商品はPOPに表示されたバーコードを読み取るか、3月からはスマホ画面上で商品を選択できるようにする。

 バーコードを読み取ると、スマホ画面上に商品が追加され、購入商品を一覧表示できる。スマホ内の「お支払い」ボタンを押した後、専用レジの2次元バーコードを読み取ると購入商品がレジに表示される。支払いは現金か電子マネー「WAON」、クレジットカードで済ませる。

 3月中に「イオン岡崎南店」(愛知県岡崎市)と「イオンスタイル戸塚」(神奈川県横浜市)で導入した後、20年度中に首都圏を中心に約20店舗で順次導入を広げる。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media