西友、店内にレタス栽培の植物工場、毎日収獲して野菜売り場で販売

2020/02/14 10:07
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

西友、店内にレタス栽培の植物工場、毎日収獲して野菜売り場で販売
埼玉県の「上福岡店」3階にプランツラボラトリーが開発した水耕栽培装置を設置した

 西友は店内の空きスペースに植物工場を開設し、水耕栽培したレタスを毎日収獲して、野菜売り場で販売する。「西友上福岡店」(埼玉県ふじみ野市)の3階にプランツラボラトリー(東京都港区)が開発した水耕栽培装置を設置、2月26日から販売を始める。

 店内植物工場の面積は約45坪(約149平方メートル)。植物工場は天候に左右されず、野菜を安定的に栽培できるメリットがある。西友では無農薬のレタスを水耕栽培し、収穫後に包装して1株137円(税別)で販売する。

 西友ではこれまで、店舗スペースの有効活用のため物販や飲食、サービス業などのテナントを導入してきたが、植物工場もスペース活用策の一つと位置づけ、上福岡店で運用ノウハウを蓄積した後、他店舗への展開も検討する。

 プランツラボラトリーが東京大学と共同開発した植物工場システムは、屋外・屋内を問わずさまざまな場所に設置が可能で、従来の植物工場と比べて導入コストを2分の1から3分の1に削減したという。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media