NECが本社内にレジなし店舗、カメラや画像認識で決済可能に、20年2月オープン

2019/12/24 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

NECが本社内にレジなし店舗、カメラや画像認識で決済可能に、20年2月オープン
社員証で入店を管理し、商品代金は給与から天引きする

 NECは2020年2月、レジを通さずに商品の決済が可能なレジなし店舗を東京都港区の本社ビル内にオープンする。店内に設置したカメラや画像認識技術によって、購入したい商品を手に取った後、そのまま退店するだけで代金が決済される。

 店舗名は「NEC SMART STORE」。決済はNEC社員の給与システムと連動しており、商品代金は給与から天引きされる。オープン当初は社員証で入店を管理するが、AI(人工知能)を使った顔認証による入店管理も計画する。また、クレジットカードや各種電子マネーと連携した決済も順次導入していく予定だ。

 同店はNECが開発したシステムのほかに、中国のクラウドピック(雲拿科技、上海市)が持つセンサーからのデータ解析技術を活用する。NECでは、同店での運用ノウハウを生かして、20年度中に省人化店舗を実現するソリューションの提供を目指す。

 NEC本社内では、セブン-イレブン・ジャパンが18年12月に出店した「三田国際ビル20F店」で、顔認証技術による入店・決済システム、AIを活用した発注提案などの技術について検証を続けている。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media