中国の百度、利益・売上高とも市場予想上回る 動画サービス好調

2019/11/07 15:30
ロイター

北京でバイドゥが開いたイベント
11月6日、中国のインターネット検索大手、百度(バイドゥ)が発表した第3・四半期決算は、利益と売上高がともに市場予想を上回った。写真は2018年11月1日に北京で同社が開いたイベント(2019年 ロイター/Jason Lee)

[6日 ロイター] – 中国のインターネット検索大手、百度(バイドゥ)が発表した第3・四半期決算は、利益と売上高がともに市場予想を上回った。動画配信サービス「愛奇芸(iQIYI)」の好調な伸びが寄与した。

同社株は、米株市場引け後の時間外取引で5%上昇した。

第3・四半期の売上高は280億8000万元(40億1000万ドル)で、前年同期の282億元から小幅に減少した。リフィニティブのIBESデータによるアナリストの予想平均は274億9000万元だった。

同社帰属の純損益は、63億7000万元の赤字。前年同期は124億元の黒字だった。

特殊要因を除く1米国預託株式(ADS)当たり利益は12.61元で、市場予想の7.88元を上回った。

同社は中核の検索事業への依存軽減に向け、クラウドサービスやAI(人工知能)といった分野で事業拡大を目指しているが、これまでのところ成功しているのは、主に傘下の愛奇芸だ。

愛奇芸の売上高は7%近く増加し、74億元となった。契約件数は9月に1億0580万件に達した。

愛奇芸の株価は時間外取引で4%高。

百度の総費用は8%超増加し、257億3000万元となった。コンテンツ関連費用は4.5%増。

主力のオンラインマーケティング事業の売上高は、約9%減の204億3000万元。

同社は第4・四半期売上高について、271億─287億元になるとの見通しを示した。市場予想は275億2000万元。

同社株は今年に入って、32%超下落している。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media