U.S.M.H、スマホアプリでバーコード読み取りと決済、グループ各社で導入

2019/10/23 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

U.S.M.H公式モバイルアプリ
バーコードを読み取ると購入リストに商品が登録され、アプリ上で決済できる

 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)は、スマートフォン(スマホ)アプリを使って来店客が商品のバーコードを読み取り、決済もできるシステムを傘下のグループ各社で導入する。レジを通らずに買い物を済ませることができ、来店客の利便性向上と店舗の省人化につながる。

 U.S.M.Hはスマホアプリと基盤システムを富士通と共同開発、今年6月から「カスミ筑波大学店」(茨城県つくば市)でカスミの従業員を対象に実証実験してきた。この実験を踏まえてバージョンアップした「U.S.M.H公式モバイルアプリ」を10月21日から配信、カスミ筑波大学店とカスミ本社1階に同日オープンした「KASUMI LABO(カスミラボ)」で一般客が使えるようにした。

 U.S.M.H公式モバイルアプリは、カメラによる商品バーコードの読み取りとキャッシュレス決済の機能を搭載している。欲しい商品のバーコードを読み取ると購入リストに登録され、アプリ上で決済した後、スマホに表示されるQRコードを店頭の読み取り機にかざすと買い物が終了する。買い物の明細もアプリに表示される。

 U.S.M.Hではこのシステムを11月以降、カスミの各店舗に順次導入。2020年度から傘下のマルエツ、マックスバリュ関東にも広げていく。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media