米アマゾン、クラウド関連のINLT買収 販売業者の輸入支援

2019/09/25 10:28
ロイター

9月24日、米アマゾン・ドット・コムはクラウドサービス関連のスタートアップ企業INLTを買収したことを明らかにした。写真は物流センターに掲げられたアマゾンのロゴ。9月18日、フランスのボベスで撮影(2019年 ロイター/Pascal Rossignol)

[シアトル 24日 ロイター] – 米アマゾン・ドット・コムは24日、クラウドサービス関連のスタートアップ企業INLTを買収したことを明らかにした。買収額には言及しなかった。

INLTは、販売業者向けに国境をまたぐ出荷のコストや通関手続きを管理するソフトウエアを提供している。

アマゾンは、同社のオンラインプラットフォーム「マーケットプレイス」で商品を販売する小売業者に対し、INLTのクラウドコンピューティング技術を提供するとしており、業者にとって、米国への商品輸入がより容易になる見通しだ。

アマゾンの広報担当者は、発表文書で「INLTは、企業による米国への製品輸入の簡素化とコスト削減を支援しているスマートで機知に富んだチームだ」とし、「彼らの顧客とアマゾンの販売パートナー向けに次世代のソリューション開発で協力できることをうれしく思う」と語った。

INLTのサービスの提供時期や価格については、明らかにされていない。

INLTは自社サイトで、アマゾンが同社を買収したことを明らかにした。

調査会社クランチベースによると、INLTはシード段階の企業で、直近では2018年4月に100万ドルを調達した。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media