超小型のモバイルプリンターなどを展示(セイコーインスツル)=リテールテック2019レポート

2019/03/07 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

サーマル方式のPOSプリンターを集中展示

ブース内の様子
ブース内の様子

セイコーインスツルのブースでは、レシートの発行でレジ周りに不可欠なサーマル方式のPOSプリンターなどを集中して展示していた。店舗ではレジカウンターのスペースを稼ぐために、タブレットPOSや小型の決済端末に注目が集まる。

POSレシートプリンター「RP-F10」

 そうした小型化ニーズに対応してセイコーインスツルは、幅・奥行き・高さとも127㎜のキュービック型のサーマル方式のPOSレシートプリンター「RP-F10」を展示。スタイリッシュなだけでなく、その大きさでレジ周りのコンパクト化に貢献する。前面からでも上面からでも排紙できるので、レジカウンターの上だけでなく、レジカウンター下の棚など置き場所にも困らないだろう。

 ただコンパクトでデザイン性にも優れるため、レジ周りをオシャレに演出したいならレジカウンター上に設置するのがベターかもしれない。リテールテックJAPAN2019のセイコーインスツルブースでも、そのスタイリッシュなデザインで多くの人目を引いていた。

 セイコーインスツルによれば、「RP-F10」は、 ワールドワイドで年間3万台の販売をめざしているという

 また、オプションで4.3インチの液晶ディスプレーを設置することも可能だ。この液晶ディスプレーは、今年7月から出荷開始を予定している。

モバイルプリンター「MP-B30」

呼び出しベル連動セルフ注文機の写真

 コンパクトという点では、サーマルドットライン方式のモバイルプリンター「MP-B30」。大きさは本体が幅105㎜×奥行き126㎜×高さ58㎜。ちょうど手のひらに乗せて操作できるサイズだ。パンフレットでは水道・ガス・電気といったインフラの点検・検針業務や自販機管理などが紹介されている。

 さらに「MP-B20」は本体の幅79㎜×奥行き110㎜×高さ44㎜と「MP-B30」と比べてもその小ささが際立つ。重さは約180gと軽く、「Super Small&Light Weight」を謳っている。ちょうど手のひらに乗るというより収まるサイズであり、最近のクレジットカードや電子マネー、各種のPayサービスといったキャッシュレスサービスのモバイル決済に対応したレシートプリンターやレジ用のレシートプリンターとして使えるだけでなく、宅配サービスでも配達時のレシート発行用としても小ささと軽さを生かして重宝しそうだ。

 常にモバイルプリンターとして使用するだけでなく、クレードルに装着したままでレジプリンターとして使用しながら、必要に応じてクレードルから離してモバイルプリンターとして使用するといった用途でも使えそう。そうしたサイズと機能が好評でPayサービスなどの用途に約2万台が活用されていると、セイコーインスツルブースの説明担当者は胸を張る。

製品に関するお問い合わせはこちら リテールテックの特集はこちら

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media