三井不動産、「ららぽーと名古屋みなとアクルス」でAIを利用した空調制御システム

2019/07/30 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス
天気予報、外気の温度・湿度、館内人数予測などの情報を基に、エアコンを制御する

 三井不動産と竹中工務店は7月29日、「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」(名古屋市港区)に人工知能(AI)技術を活用した空調制御システムを導入したと発表した。従来型の空調システムにAI技術を導入することで、施設内外の環境や来館者の服装などの各種データを検知・解析し、年間で30%以上の二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込む。

 館内の吹き抜け空間やフードコートに設置したカメラの画像を解析し、来館者の活動量を計測するほか、サーモカメラの画像解析により来館者の服装を推定、空調制御を行う。また、館内人数データや天気予報、イベントなどの各種情報から、AI解析により館内人数の推移を予測。館内のCO2濃度が基準値以内に収まる範囲で外気を導入する。さらに、天気予報、外気の温度・湿度、館内人数予測などの情報を基に、翌日のエネルギー需要を予測して館内のエアコンを制御し、効率運転を実現する。

 ららぽーと名古屋みなとアクルスは2018年9月に全面開業した。店舗棟の建物は地上4階建てで、延床面積は約12万4700平方メートル。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media