イオンと関西電力など、EVを使った仮想発電所の実証実験を開始

2019/07/26 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

実証実験の全体イメージ
実証実験の全体イメージ

 イオンと関西電力など5者は7月25日、「イオンモール堺鉄砲町」(大阪府堺市)で電気自動車(EV)を電気の移動手段として活用する仮想発電所(VPP)の実証実験を始めると発表した。

 イオンモール堺鉄砲町の駐車場にEV用充電器とEVから建物に電力供給する充放電器「V2H」を設置。堺市内のEV所有者にモニターとして参加してもらい、EV充電器とV2Hを遠隔制御することで、EVを建物の電力供給源として活用する実証を行う。

 VPPはEVの蓄電池や家庭用太陽光パネルなど分散した小口電源を遠隔制御して、地域の電力として活用する考え方。

 今回は、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使って、エネルギーのトレーサビリティー(追跡可能性)を検証する実験も行う。関西電力の実験センター内に設置された太陽光パネルで発電した電気を関西電力などの社有EVに充電。社有EVをイオンモール堺鉄砲町に移動して放電する際、ブロックチェーン技術を使って太陽光由来の電気の放電量を把握する。

 今回の実証実験には、イオンと関西電力のほか、イオンモール、エネゲート、堺市が参加する。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media