イオン九州とソフトバンク、ネットスーパーで夜間配送の実証実験

2019/07/03 12:10
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

イオン九州×ソフトバンク
地域の登録ドライバーとマッチングして配送する実験も行う

 イオン九州とソフトバンクは、ICT(情報通信技術)を使ったネットスーパーの配送効率化で協業する。

 協業の第1弾として6月から、福岡市の中心繁華街・天神地区にある「イオンショッパーズ福岡店」で、ネットスーパーの注文品を夜間配送する実証実験を始めた。注文を受けた商品を午後10時〜11時を含む時間帯に配送する実験を通して、夜間配送の需要を検証する。

 イオン九州によれば、ネットスーパーの注文品を午後10時以降に配送するのは、国内で初の試み。午後3時までに注文すれば、当日の午後11時までに商品を受け取ることができる。

 第2弾として今後、ネットスーパーの注文品を宅配する業務を、地域の配送ドライバーとマッチングするシステムの実証実験に取り組む。CBcloud(シービークラウド、東京都千代田区)が提供する配送マッチングサービス「PickGo」を活用する。荷物の量に応じて、必要な時に必要な車両数を、地域の登録ドライバーとマッチングする。

 イオン九州では実証実験の結果を踏まえ、今後さらに配送時間帯を広げることを目指す。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media