ダイエー、IoT技術を使い肉牛の健康状態を管理、鹿児島の直営農場で

2019/06/14 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ダイエー

 ダイエーは6月13日、IoT(モノのインターネット)技術を使った肉牛の行動管理システムの運用を本格的に始めると発表した。牛に個体センサーを付けて、リアルタイムに行動データを取ることで、病気や事故の防止、管理業務の効率化につなげる。

 子会社の鹿児島サンライズファーム(鹿児島県鹿屋市)が2017年10月から直営農場で肥育している約400頭の牛にセンサーを取り付け、実験運用を続けてきた。6月から新たに約300頭に取り付け、21年度中には全4000頭を対象に同システムを運用する。

 IoT技術についてはデザミス(東京都江東区)、データ分析についてはNTTテクノクロス(東京都港区)と連携した。デザミスが開発したセンサー「U-motion(ユーモーション)」を装着することで、採食、飲水、起立、横臥、動態、反すうなどの行動データを収集してクラウド上に蓄積、独自のアルゴリズムで健康状態を判断する。

 畜産農家の減少により国産牛肉の生産量は減り続けており、ダイエーはIoT技術を活用することで安定調達を目指す。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media