ファーウェイ、「世界初」車向け5G通信ハードウエアをローンチ

2019/04/23 14:45
ロイター

ファーウェイは発表文の中で、「世界初の高速・高質5G自動車モジュール」としている。 写真はロイター

[北京 22日 ロイター] – 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は22日、世界初とする自動車向け第5世代(5G)通信ハードウエアをローンチした。

ファーウェイは発表文の中で、この「MH5000」モジュールは1月にローンチした「巴龍5000」5Gチップを基にしており、「世界初の高速・高質5G自動車モジュール」としている。

同社は先週開幕した上海自動車ショーで同モジュールをローンチした。

同社は「この5G自動車モジュールは将来のインテリジェントな自動車輸送向けの重要な通信プロダクトとして、自動車業界を5G時代に向けて後押しするだろう」と説明。同モジュールは今年下半期に自動車セクター向け5Gネットワーク技術の商品化を開始するという自社の計画を支援するとした。

関連キーワード:

© 2019 by Diamond Retail Media