ゼンショー、「すき家」など約3700店で楽天・Ponta・dポイント、7月から順次

2019/04/18 13:00
ダイヤモンド・リテイルメディア社

3種類の共通ポイントサービスの導入を11月までに完了する

 ゼンショーホールディングスは、牛丼の「すき家」などグループ約3700店舗で共通ポイントサービスの「楽天スーパーポイント」「Pontaポイント」「dポイント」を導入する。

 7月から順次導入を始め、11月までに対象となる店舗への導入を完了する予定。

 対象となるのは、「すき家」1924店舗、回転寿司の「はま寿司」501店舗のほか、ファミリーレストランの「ビッグボーイ」「ココス」「ジョリーパスタ」など計3748店舗(店舗数は4月16日時点)。

 ゼンショーでは独自のポイントサービス「ZENSHO CooCa(ゼンショークーカ)」をグループ店舗で展開しているが、新たに導入する3種類の共通ポイントを含めて、4種類のポイントを貯めたり、使ったりできるようになる。

 ポイント還元率はいずれも200円当たり1ポイント。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media