店舗の概念覆す、フーマーフレッシュ2つの特徴とは

ローランド・ベルガー/パートナー:福田稔、ローランド・ベルガー/シニアコンサルタント:山口航平
Pocket

EC売上高は店舗の倍以上

 現在、コロナ禍の影響もあり日本および世界中でEC化やDX(デジタル・トランスフォーメーション)の動きが進んでいるが、2016年にはすでに、中国のIT大手アリババ(Alibaba)の創業者であるジャック・マーが「純粋な『EC』の時代は終わる」としたうえで、「ニューリテール」という概念を提唱している。

 ニューリテールとは、データやテクノロジーを活用しDXを実現することでオフラインとオンラインを融合させ、これまでよりも満足度が高く優れた顧客体験を届ける小売ビジネスのことである。今回は、まさにこのニューリテールを体現している、中国の生鮮食品スーパー(SM)、盒馬鮮生(フーマーフレッシュ:以下、フーマー)の取り組みを解説する。

 フーマーは、日本では小売関係者やEC・DXに関わる人を除いて、一般的にはあまりなじみのない存在かもしれない。16年に立ち上げられたアリババ傘下のSMで、現在中国国内に300店舗以上を展開している。ただし、食品や日用品が並べられているだけの従来型のSMではなく、最短30分程度での配送や生鮮食品のEC販売、オンラインとオフラインの垣根を越えた新たな買物体験の提供に取り組んでいる点が特徴だ。

 まず前提として、生鮮食品のEC化は多くの国で進んでいないという事実に言及しておきたい。中国も例外ではなく、家電や化粧品などと比較して生鮮食品のEC化率は低い傾向にある。

 対してフーマーは、EC売上高が

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media