注文から最短30分! 西友・楽天が自動配送ロボットによる国内初のオンデマンド配送を実験

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

西友(東京都/大久保恒夫社長)と楽天グループ(同/三木谷浩史会長兼社長)は2022528日から、茨城県つくば市で自動配送ロボット(Unmanned Ground VehicleUGV)による商品配送サービスを開始する。注文から最短30分で商品が届くオンデマンド配送サービスが実施されるのは国内で初めてのこととなる。

今回の実証実験で使用する自動配送ロボット
今回の実証実験で使用する自動配送ロボット

1000世帯にサービスを提供

 西友と楽天グループはこれまでも最新のテクノロジーを活用した配送の実験を重ねてきた。UGVを活用した取り組みでは、213月から約1カ月間の期間限定で、神奈川県横須賀市で配送サービスを実施。このときに初めてUGVによる公道走行での配送が実現した。

 今回のつくば市でのサービスも横須賀市の実験を踏まえて行われる。UGVの開発は引き続きパナソニックが担当する。528日から730日までの約2か月間、毎週土曜日につくば駅周辺の約1000世帯を対象にサービスを展開する。「つくば市ではUGVが走れる遊歩道の整備が進んでいる」(楽天グループ広報担当者)ことから、横須賀市よりも大幅に対象範囲を拡大することができたという。

 つくば市は楽天グループとパナソニックグループも参画する「つくばスマートシティ協議会」を立ち上げ、UGVでの配送サービスを含む「つくばスーパーサイエンスシティ構想」の実現をめざしている。今回の実証実験もその一環だ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media